chidurunのロードバイク練習日記

ロードバイク初心者だよー

自転車レーンは誰が為にあるのか

自転車レーン、増えましたよね。

乗り始めてから10年以上経ちますけど、昔は自転車レーンなんてなくて、車道を走ってるだけでお巡りさんに歩道を走れと注意されることまでありました。


それを考えると色々な所で自転車レーンが出来たのは少しずつ認知されて来たのかなと思います。

ですが、ドライバーに認知されているのかは疑問に残る事があります。


念の為確認すると、自転車レーンは左折のためのやむを得ない立ち入り、または停車は許可されているし、左折車の左に寄る幅寄せは自転車レーンへの侵入を許されています。


が、逆に言えばそれだけです。


歩行者の立ち入りや駐車は認められていません。


実情はほぼ路駐だらけですね。

こないだ品川辺りを走った時は、路駐のトラックで2kmぐらい潰されていました。

また、左側を走らなければ行けないので路駐の車の横を走っていると、自転車レーン分余裕があるからなのか、注意もせずにドアを開けてくる車の多さは中々危険です。

私は都内を走ってきますが、路駐の車のせいで走行車に煽られることもザラなんですよね。


もちろん自動車からみて自転車が邪魔なのは分かります。

中途半端に早いので距離が測りにくく、危険運転をしてくる自転車も多いです。

だからこそ住み分けをして、お互い距離を保ちたいんですけどねぇ


私から見てても、停止線無視、信号無視、自転車走行禁止の陸橋などの走行など、ルールを守らない自転車(もしくは知らないのか)が多いのは由々しき問題なんですけどね


自転車は素晴らしいものだから、ルールを守って楽しく乗れたらいいよねぇ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。