chidurunのロードバイク練習日記

ロードバイク初心者だよー

ガーミン820j レビュー

さて、そろそろ使い慣れてきたのでガーミン820jのレビュー、、、というか使用上の注意を書いていきます。




まず前提としてガーミン820jはすごいデバイスだと思います。

GPSナビは便利ですし、心拍とか計測してくれるし、装着もある程度お手軽です。


その辺のレビューはどこでも見れるので、他の部分を


ルート作成が微妙に不便

ルートラボでルートを作って、TCXデータを使って読み込ませるのが一般的だと思います。


が、ルートラボの自動生成は自動車道とかを自転車で走れないところを案内してくれるので、自転車ルートナビでルートを作成するようにしてます。

そうすれば最低限の安全は保障されるんですが、あくまで最低限です。

国道で右折とか無理なルートを普通に案内されますからねー


ただ、自転車ルートナビでは初期設定が最短距離になってます。

この設定を大通り優先にしないと路地裏の細い道とか案内されます。

次に、ルートラボにデータの移行は出来ないので手作業です。

この時、ルートラボの初期設定である有料道路優先を解除しておかないと同じ道でも有料道路を案内されます(これはツール・ド・御朱印第2回で体験済)

あとは地味にクリックしてルートを作っていきますが、ルートラボのルート作成は結構へっぽこです。

クリックした点に進むルートを自動で辿ってくれるんですが、先に挙げた通りルート作成が自動車基準なので、何をどうしても自転車ルートナビと異なる場合が割とあります(自転車のみ走行可能な道とか)

そうした場合は直線モードというクリックした点へ直線を繋ぐ方法もあるんですが、これを行うと実際に案内されるときに結構不便。

具体的には道沿いを走るだけなのに「200m先右折」とか表示されます。


また、真っ直ぐに見えてたまに変なところで右折→10m先折り返しとか謎のルートを案内してくれるときがあります(多分ルート作成中のクリックした箇所による)


そして何より、自転車道を案内してくれません。

前回のツール・ド・御朱印第3回の宮戸神社は荒川サイクリングロードの秋ヶ瀬橋からほど近い場所にありますが、自転車ルートナビもルートラボも対応してません。

唯一ガーミン820jの基本機能であるルート作成機能はそれを考慮してくれる可能性がありますが、調べれば出ますか道なき道を走らされるコト請け合いです。


そんなこんなでルートを作成したらデータを取り込んで実際に走ります。



作成したルートは大体が家から出て家に帰るルート作成になるのだと思いますが、途中でアクティビティを終了した時が面倒です(ツール・ド・御朱印第2回)

スタート地点から始まる時はいいんですが、途中から始めた場合、道案内をしてくれない事があります。

ナビにルートは出るし、現在地も出るけど右左折の案内が出ないって感じですね。

多分進行ルートと目標ルートをうまくマッチング出来ないんでしょうが、よく分かりません。

この症状、2種類あって、①全く案内してくれない時、②案内するけど音と通知が出ない時

というパターンがあるようです。


①は分かりやすく、ルートと現在地の表示しかされません。

②は画面には右左折の表示はあれど、音で曲がるときに通知してくれないので画面を確認する必要があります。


ナビ画面で画面上部を押して右左折の確認をすると同期される事がありますがあんまり試してないので分かりませんけどね。


次にナビ中の画面について。

個人的にはサイコンデータを表示しながら、曲がる時だけ通知を出してくれるのがベストなのですが、ガーミンさんは意地悪なので、画面には表示するけど音は出さないという仕様になってます。

つまり、走ってるときにチラチラ画面を見ないと道を間違えます。

これもどうにかして欲しい。


長くなって来たので続きは次回に!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。