chidurunのロードバイク練習日記

ロードバイク初心者だよー

ロードバイクの楽しさとは

ロードバイクの楽しさって何でしょう。
色々な考え方があると思います。そのどれも正解だと思うし、人それぞれの答えがあってもいいと思います。


そんな中で、私が考える楽しさってなんだろうといつも考えています。
私は自転車が好きなのかと問われれば、疑問符が出てきます。


個人的には好きでも嫌いでもない。ただ、乗らずにはいられないのです。



ただ、自分の体と連動して動く自転車。


風を切る感覚。


上りの辛さの後に来る下りの解放感。


知らない街並み。


色々な魅力があります。


ただ、私は限界を知りたいんですよね。
自分がどこまで行けるのか。
自分がどこまで耐えられるのか。


ロードバイクは苦痛の連続です。
心拍数が上がり息切れする。
太ももが上がらなくなる。
膝が痛み、肩も痛み、腰が痛む。
汗が目に入って痛い。
辛い事ばかりで、途中から「もう止まってもいいんじゃないか」「もう輪行で帰ってもいいんじゃないか」等色々なことが頭によぎります。
けれど、それを振り切って走り続ければ何かが見える気がして。



まあ、何もないんですけどねww


私には達成感というものは皆無です。
ただ、終わったなと思うだけです。
ですが、それでもその先にある何かを求めて私は走り続けています。


どんなに疲れ果てていても、踏めば自転車は進みます。
自分の意志とは別のところで体が動き続けます。
ロードバイクは小エネルギーで進めます。
だから、空っぽになれる。
いつか、自分の限界を見れるといいなぁ……


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。